森紙業グループとはGroup

社長ごあいさつ

  • HOME
  • 森紙業グループとは | 社長ごあいさつ
社長ごあいさつ

森紙業グループは、明治23年の創業以来、包装へのこだわりを持ちながら社会の物流を支える役割を担ってまいりました。自己責任と積極経営を旨とする「分社経営」と、地域に製造拠点を置き、地域のニーズに即応する「現地主義」という二大戦略を展開して成長を続けています。

私たちは、段ボール・包装紙・紙器分野における包装のプロフェッショナルとして、これまで培ってきた技術やノウハウを駆使し、国内外の優れた原材料を仕入れ、最高品質の製品をつくり、最適のタイミングで提供することでお客様のご要望に幅広くお応えしてきました。

リサイクルの優等生といわれる段ボールは、地球環境に優しい製品と言えますが、今日の激変する時代においては、コンプライアンス、安全、環境を含めたCSRへの取り組み等企業に求められる要求は、多様化、高度化を続けています。森紙業グループでは工場の安全管理体制や環境問題への対応、コンプライアンスの徹底等を事業活動の大前提とし、企業の社会的責任への取り組みを更に推進してまいります。

今後もグループの全国に展開する営業・製造拠点網を駆使して、企業理念である「ものづくりへの拘り」「環境への貢献」「社会からの信頼」を実現し、また、「現地主義」のもと、地域に根ざし、地域産業の発展に寄与することで社会に貢献してまいります。 これからも私たち森紙業グループにどうかご期待ください。

代表取締役社長 北村 正

ページトップ