森紙業グループ

  • お知らせ
  • 森紙業グループとは
  • 製品案内
  • 生産設備案内
  • 森紙業グループ概要
  • 会社案内
  • 沿革
  • ネットワーク
  • 営業・生産拠点
  • 採用情報
  • サイトマップ
ホーム

沿革

森紙業森紙販売

明治23年
1月小間紙の製造と販売を始め、紙販売の基礎を造る。
大正8年
1月合名会社森洋紙店を創立し、和洋紙、板紙の販売を行う。
大正13年
5月森段ボール工場を創立。段ボールの製造を始める。(森紙業株式会社の前身)
昭和11年
5月太陽紙業(株)を創設の砌、同社の京都工場となす。
昭和21年
11月太陽紙業(株)より同工場を再び分離し、森紙業株式会社を設立。
昭和23年
7月株式会社森洋紙店を設立し、合名会社森洋紙店の事業を継承。
昭和25年
8月東京都千代田区神田錦町に東京支店設置。
昭和26年
2月大阪市南区末吉橋通に大阪支店設置。
昭和28年
12月大阪工場を建設。
昭和31年
12月傍系の伊東包装紙(株)を吸収合併して鳥羽工場となす。
昭和34年
1月北日本段ボール工業(株) ー 現在の北陸森紙業(株) ーを経営。
昭和35年
3月横浜工場を建設。
昭和37年
8月福山森紙業(株)福山工場を建設。
昭和38年
4月長野森紙業(株)塩尻工場を建設。
昭和39年
3月鳥取県果実農業協同組合連合会と共同出資により、鳥果包装資材(株)浦安工場
ー 平成21年3月 鳥取森紙業(株)に商号変更 ーを建設。
昭和40年
8月四国森紙業(株)伊予工場を建設。
昭和41年
4月名古屋市西区堀詰町に名古屋支店を設置。
5月社名を森紙販売株式会社に変更。
昭和43年
6月常陸森紙業(株)茨城工場を建設。
12月従来の京都、大阪両工場を集約し、枚方に本社工場を建設。
昭和44年
7月京都市中京区油小路六角下ル六角油小路町319番地より京都市南区西九条南田町12番地の1に本店を移転。
10月大阪支店を大阪市東区谷町5丁目30番地新野村ビルに移転。
11月三井物産と共同出資により東北森紙業(株)八戸工場を建設。
昭和46年
12月札幌市北海道ダンボール工業(株)を経営。
昭和47年
6月東京支店、現住所に森ビル完成。
10月北上紙器(株) ー 現在の岩手森紙業(株) ー 北上工場を建設。
11月北海道ダンボール工業(株)の商号を変更して北海道森紙業(株)となす。
昭和48年
4月仙台森紙業(株)柴田工場建設の第一期工事完成。
10月東海森紙業(株)岐阜工場を建設。
昭和49年
7月草加工場(紙器印刷加工)完成し現在に至る。
10月九州森紙業(株)熊本工場を建設。
昭和51年
3月北海道森紙業(株)は帯広ダンボール(株)を吸収合併して帯広工場となす。
昭和57年
5月長野森紙業(株)は若穂段ボール(株)を吸収合併して川中島工場となす。
昭和57年
6月フジパック(株)ー昭和59年3月 静岡森紙業(株)に商号変更ーを経営。
昭和60年
4月山陰ダンボール工業(株)の商号を変更して島根森紙業(株)となす。
昭和61年
9月仙台森紙業(株)柴田工場完成。
昭和62年
5月島根森紙業(株)新出雲工場を建設。
7月山梨森紙業(株)甲府工場を建設。
平成2年
11月吉祥院工場(紙器印刷加工)完成。
平成3年
7月北海道森紙業(株)千歳工場を建設。
平成5年
7月北陸森紙業(株)小矢部工場を建設。
12月三井物産と共同出資により中国に大連三井森包装有限公司を設立。
平成6年
8月西春工場(紙器印刷加工)完成。
9月四日市工場を建設。
平成7年
5月三和段ボール(株)京ヶ瀬工場を建設。ー 平成19年3月新潟森紙業(株)に商号変更 ー
10月静岡森紙業(株)浜松工場を建設。
平成9年
11月京都工場(紙器印刷加工)完成。
平成10年
10月新鳥羽工場を建設。
平成11年
7月常陸森紙業(株)尾島工場を建設。
平成14年
2月(株)アイパックスを経営。
平成15年
4月西春工場と名古屋支店を合併し名古屋支店となす。
平成17年
12月王子製紙グループに入る。
平成19年
3月グループ事業再編を行う。
平成20年
5月草加工場と東京支店を合併し、東京支店となす。
平成21年
6月東武紙工(株)新工場を建設。
平成23年
12月フジ(株)を経営。
平成24年
1月森紙業(株)関西事業所は日本包装容器(株)を吸収合併して高槻工場となす。
11月大阪支店 新事務所及び新倉庫を建設。